toggle
2012-03-16

ベンチャー投資家動向(2)

2000年をはさんで、多くの人たちがベンチャー投資の世界に入ってきました。

その方々も、もう10年前後のベンチャー投資経験を持っています。最初は積極的に投資をしていたものの、長い歳月の中で思いと現実の違いに直面し、ベンチャー企業の紆余曲折を目の当たりにしてきた方も多いと思います。

 

このような諸々の経験を積んできたベンチャー投資家さんの中には、実績の乏しいベンチャー企業に対し、なかなか食指が伸びず、投資を見送る案件が増えている方がいるかもしれません。

 

そうなると、結果的には投資社数は減ることになります。

 

しかしながら、起業家の中には、将来の可能性を感じる方がいることも事実です。特にここ数年、景気が低迷する中で起業する方は、骨のある方が多いと思います。私もこのような起業家と接触することがあります。

 

新興市場の上場審査基準も変わろうとしており、間もなく新規上場会社の数も増えると思います。

 

志高い起業家を支援し、市況に関わらず、高く評価される企業創造に貢献したいものです。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。