toggle
2014-10-28

虫めがねの光のようにエネルギーを1箇所に集める

ウォータージェトカッティングという、水で金属を切る機械を見た時には、とても驚きました。分厚い金属が水できれいに切れてしまうのです。

水の出口を細め、圧力をかけるというもので、集中させることの威力はすごいなと思いました。

子供の頃に、太陽の光をレンズを通して1点に集め、紙を燃やすという実験をした記憶があります。分散している太陽の光を1点に集めることで、エネルギーを点に集中させるというものですね。

ベンチャーも力を分散させずに、1点突破、つまり、複数のプロダクトラインを持つのではなく、1つのプロダクトに集中して事業を進めるのが正攻法とされていますが、これは上記の例と同じことだと思います。

1つに集中させるというのは、プロダクトだけでなく、1つの目標を共有して突き進む、ということにも言えると思います。

目標があいまいだったり、多すぎたりすると、やはり漠とした空気になってしまうと思います。

まずは何を目標とするのか、どのKPIに集中するのか、これを決めるのがとても重要になってくると思います。ここを誤ると、エネルギーの無駄になってしまいますからね。

関連記事