toggle
2014-10-13

リブセンスの成長戦略

前回に引き続き、次はリブセンスさん。

リブセンスのスタートはアルバイト求人サイト。既に多数のプレイヤーがいる中での後発スタートでした。

求人サイトの決め手は、求人件数。この件数を獲得するために、リブセンスは掲載料ナシ、成功報酬のみ、ということで求人件数を集めました。掲載料ナシ・成功報酬のみであれば、求人側には何の損もないですから出稿しますよね。

応募者数獲得のためにはお祝い金の支払などの施策を行いました。

これにより、求人数・応募者数とも多数集まり快進撃が始まったわけです。 

業績推移

スクリーンショット 2014-10-16 12.13.31

既存の同業事業者は掲載料獲得を前提として営業体制を持っていたりして、成功報酬のみにはすぐに移行できない。ですから後発であっても、入り込む余地が十分あるのですね。同社の言葉で言う「あたらしい当たり前」を持ち込むことで成長していると思います。素晴らしい。

今期は踊り場を迎えていますが、好意的に見ると、今後の成長のためのタメをつくっているとも言えます。

今後の成長戦略として、以下を考えているようです。

中期経営計画

・不動産分野

成功報酬モデルで、賃貸情報などの不動産情報サイトを既に開始しています。求人分野での成功モデルを不動産分野でも行おうというものです。

 

・口コミサイト

転職会議という口コミサイトを開始しています。既に就業している人の生の声をアップしています。転職を考えている人にとっては、是非とも知りたい情報ですよね。素晴らしい企画です。会社としても、サイトに登録する人たちが将来の顧客資産になるわけです。

 

・新規事業模索のための資本参加

出資やM&Aで新しい分野への進出を画策しています。現状では自社にない知見、スキル、ノウハウを取得しようとしていると思います。

スクリーンショット 2014-10-16 12.26.37

自社の得意な戦略とノウハウを、他の分野で展開してゆこう、というのがリブセンスの成長戦略だとお見受けしました。

 

 

関連記事