toggle
2014-10-08

大手銀行に勤める若い方々へ

私が若いころ、就職にあたっては完全に労働を期待されて採用されていました。当時、西武は飛ぶ鳥を落とす勢いで、堤氏が「頭がいいのは俺だけでいい。あとはバカになって働いてくれる人材が必要だ」と言っていたのが記憶にあります。当時は景気がものすごくよく、とにかく人手が足りない時代。労働力を有する会社が業績を伸ばす時代でした。 特に体育会系の人材は引く手あまたでした。命令遂行能力が高いですからね。

しかし今は違います。日本の成長力が頭打ちになり、過去の常識が通用しなくなってきました。経営方針や上司が正しいとは限りません。本質を見極めて「こうしたらうまくいく」、ということを会社に提案する人材が、良い会社では尊重される時代です。

最近、某大手銀行さんの方々が代わるがわる頻繁にオフィスに飛び込みで来られます。まだ若い方々で、入行1年目から3年目くらいの方々だと思います。 恐らく、新規取引先開拓のノルマを課せられ、いろいろと担当エリアの企業に飛び込んでいるのだと思います。

大きな会社では指令が下ると、それが正しいかどうかにかかわらず飲み込み、とにかく与えられたノルマをクリアしようと一生懸命労働するのだと思います。

でもその中で、自分でいろいろと考えることが、その人の今後の成長角度を決めると思います。他人ごとで恐縮ですが、ノルマを達成するかどうかはどうでもよいと思います。

それより、どうしたら新規顧客が話を聞いてくれ、契約してくれるのか?自分たちにどのようなサービスがあったら相手は前のめりになるのか?飛び込み営業などせず、新規顧客の獲得方法はないのか?ネットマーケティングで代替できないのだろうか?などなど、いろいろと考えてみるのです。

これまでのやり方を否定して、会社として何をどうしたら契約が増えるのかを考えてみるといいと思います。飛び込み訪問の枠を脱して、会社としてどうしたら顧客を獲得できるのか?どうしたら顧客が喜ぶのか?この解が会社の差別化の源泉です。

恐らく、何か上司に言ったところで、「理想はそうなんだけどね。」とか、「言い訳しないでやることやれ」で終わってしまうかもしれません。

でもそんなこともどうでもよいのです。おっさん上司の言うことが正しくないことも非常に多いです。

自分で改善策を考える力こそが事業企画力の源泉で、その力は世の中では非常に貴重な力です。自分で事業を切り拓く力の源です。会社からの評価など気にせず、自分の成長を果たしてほしいな。彼らを見ていて、ふとそのようなことを思い過ごしてしまった午後の昼下がりでした。

関連記事