toggle
2014-09-20

リーダーシップと学歴が関係ないというデータ

少し前の記事ですが、優れたリーダーに学歴は関係ないということが、Googleが自社で分析した結果、得られたという記事です。

http://www.lifehacker.jp/2014/08/140801google.html

優れたリーダーに必要な資質は学歴やIQではなく、「日々の行動が予測可能な人物ほどリーダーに適している」という、思ったより退屈な人材であるとの結果が得られたとのことです。

これはドラッカーの言うリーダーシップと共通していますね。 「リーダーシップに神秘性はなく、平凡で退屈なもの。」で、「カリスマ性とは全く関係ない」というものです。もう少し意味を追うと、リーダーシップとは、「仕事」であり、「責任」であり、「信頼されること」であるとしています。

なるほど、学歴とは全く関係ないですね。人間性の問題ですから。

過去の上司を思い浮かべると、部下の能力をよく引き出し、成果につなげていた上司と学歴は全く関係ないという感覚があります。多くの人が同じ感覚を持っているのではないでしょうか?

ゴアテックスで有名なゴアという会社は非常に優良な会社ですが、ユニークな組織造りで有名です。ゴア社ではリーダーになる人は、「他の人がついてくる人」だそうで、上層部が選ぶのではなく、ついてくる人がいる人が自然にリーダーになる、のだそうです。

大きな会社では、「なぜこの人が?」という人が要職に就くことがありますよね。それでも会社が回っているから、大きい会社というのは本当に余裕があると思います。でも、こうしたデタラメが通用しなくなる時代がもうきているかもしれませんね。 それでも根を張る学歴信仰。皆、心の何処かに「学歴は関係ない」と思いつつも集団催眠にかけられているようですね。

これまで多数の優秀な起業家と一緒に仕事をしてきましたが、会社を成長させる能力と学歴とは無関係です。そりゃそうですよね。普通の高学歴者より、暴走族のリーダーの方がリーダーシップは上だし、勉強と仕事の違いは、野球と演劇くらいの違い、全く違うジャンルですからね。

関連記事