toggle
2013-10-23

戦略をシェアすること

当然ですが、現代は知識労働者の数がとても多くなりました。

知識労働者の生産性を上げることが企業にとってはとても重要なことは言うまでもありませんが、これはすなわち、企業の個々人がいかに力を発揮するか、会社側からすれば、いかに発揮させるか、ということです。

個々人が力を発揮するためには、会社全体の状況を理解することが重要です。「考えて行動せよ」、と高らかに言う人がいます。個々人が考えるには、その土台となる情報が必要です。経営層は、会社の置かれている状況、戦略と戦術をしっかりと社員に知らせる必要があります。ここを怠っていて、「考えて行動せよ」、とだけ言っても、状況は何も変わりません。

社員も全体を把握した中で自分はこれができる、もっとこうした方がいいのではないか?と考えが進むものと思います。

社員への継続的なディスクローズが、生産性向上の第一歩だと思います。

関連記事