toggle
2012-11-15

コロプラ いよいよ上場へ

いよいよコロプラが11/9に上場承認されましたね。

位置情報を活用したスマホゲームアプリの会社です。

まずは業績推移を見てみましょう。金額:百万円

H21.9(第1期)

H22.9

H23.9

H24.9

売上高

362

1,515

2,283

5,071

経常利益

198

693

568

1,499

また早くもH25.9期の予想業績として、売上高9,992百万円・経常利益2,291百万円を発表しています。

事業内容は大きくくくると、1)スマホアプリユーザーへの有料サービス、2)広告収入3)物販・サービス提供収入です。

アプリは、

「KUMA THE BAER」  会員登録不要の無料アプリ H24.9現在累計ダウンロード1,023万件。

「オンラインアプリ」 リッチゲーム。H24.9現在累計ダウンロード379万件

リアル連携サービスとして、銘産店、交通機関、百貨店、旅行会社・レンタカー・宿泊施設、と連携して様々な施策を行っています。この中で物販収入やサービス提供収入があります。ユーザーは、移動距離が多くなるほどゲーム内仮想通貨がもらえるので、出かけるインセンティブになっています。

従業員数はH24.9現在155名。最近1年で68名増加したようです。

第1期からいきなり198百万円の経常利益というのは驚愕ですが、会社設立5年前から、現代表者が個人で「コロニーな生活」を始めていたとのことです。よって会社設立前からユーザーがどのようにしたら楽しめるかなど、ユーザーに使われるサービスの原型ができていたことが素晴らしいところです。資金調達してからユーザーにどのようにしたら使ってもらえるか思考錯誤して、思考錯誤の過程で人を増やし過ぎて資金がなくなりそうになる、という会社が多いのですが、肝心かなめの「こうしたらユーザーが使う」についての思考錯誤を設立前に終わらせていることが、設立後の危なげない好業績の理由なのだと思います。本当に素晴らしいです。

また、取締役にはKLab・グリー出身者が中心です。成功企業の中のメンバーが独立して新しい成功企業を造り出す。いい循環が生まれているように思います。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。