toggle
2016-11-24

Facebookの高額買収先。ちゃんと元はとれるのだろうか?その3

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-20-8-16-18

最後はoculus

2014年3月に買収。
買収金額は2,000億円。

Whatsappを買収した翌月の買収ですから、連チャンですね。
買収方法は、instagrumとWhatsapp同様、現金と株式。現金400億円と株式1,600億円相当です。

 

買収の目的
買収の主目的は、ゲームへの参入ではなく、新しいソーシャルコミュニケーションの開発・次世代のハードウェアプラットフォームに先鞭をつけること、ではないかと思います。
先に挙げた、3つの課題のうちの1つに「いかにハード面のプラットフォーム依存から脱却するか」でしたが、これを解決することも買収の目的と言われています。
確かにVRによって、遠隔でありながらも、同じ部屋にいるかのようなコミュニケーションが日常的になる可能性はあります。

 

 

プラットフォーム依存からの脱却という側面
結局、facebookというサービスはPCやスマートフォンというハード面のプラットフォームに依存しています。OSに依存していると言ってもいいかもしれません。

もしスマートフォンに代わる新たなプラットフォームデバイスが出現して普及した場合、あるいは、可能性は極めて低いですが、OSがFacebookを排除した場合、現在の圧倒的な優位性が守れない危険はあります。

Oculusは、instagrumやwhatsappとは異なり、少し中期的な取組み。5年先、10年先を見据えた先行投資と言えると思います。

様々な先行投資をおこなうことで、常に変化の波に対応する必要があるのでしょう。

人工知能、宇宙開発も積極的ですが、どんな目的なのでしょうか?

長くなったので、次回にします。

関連記事