toggle
2016-04-23

資金と人材を惹きつけるためには?

sea-ocean_00028

起業家は誰でも、知名度もお金も人材も乏しいところからスタート。

企業成長の第一歩はどうやって踏み出すんでしょうかね?

 

最初にあったのは、夢と根拠のない自信だけです。
― 孫正義 ―

 

誰でも最初は想いからスタート。

 

経営者にとって大事なことは、何と言っても人柄やな。結局これに尽きるといっても、かまわんほどや。
― 松下幸之助 ―

 

人柄もみがかなきゃですね。

 

なにもないところから資金も人材も協力者もひきつけるのは、「構想」と「人柄」。

 

「事業内容がわかりやすく理路整然としていた。この人にかけてみようと思った。」

 

実績のない時代のソフトバンクに、1億円の融資を決裁した銀行支店長の言葉。

 

お金も、人も、知名度もなくても、構想を語り、誠実に事業に取り組む人柄があれば、資金、人材、協力者が得られることの証明ですね。
まずは「プロダクト構想」と「事業構想」を深く磨きこんで、それをわかりやすく説明できるようにする。大切なのは何をやるかではなく、なぜやるか。Whyの回答こそ、人の心を動かすのでしょうね。

 

そして、それを声に出して発する。情報発信は行動の第一歩。思いだけでは動かないですからね。

 

それが資金、人、協力者を巻き込む、最初の一歩ということに違いないでしょう。

関連記事