toggle
2016-04-13

起業がうまくいくシンプルな3つの要素

mountain_00009

夢見ることができれば、それは実現できる。
― ウィリアム・ウォード ―

とても素敵な言葉ですね。

まずは想いがないと始まらない。

 

では、事業を起こしてうまくいくには何が必要なのでしょう?

①やりたいことをやる。

②世の中で必要とされることを見出す。

③2つが折り合うプロダクトを提供する。

これら3つの要素に集約。

文字で記載すると非常に当たり前のことですが、これらの中のどこかでつまづくことが多いのも事実。

 

①やりたいことをやる。

もし今日が人生最後の日だとしたら、今やろうとしていることは 本当に自分のやりたいことだろうか?
― スティーブ・ジョブズ ―

まずは、やりたいことでなければならない。

 

大切なのは、いま自分がやっていることが好きであるかどうか。それさえあれば自分を磨こうとするし、常に前に進むことができる。
― イチロー ―

周囲からは大変な努力と見えることと、本人が没頭することは表裏一体。
没頭とはエネルギーが最高に出ている状態。

 

人は心が愉快であれば終日歩んでも嫌になることはないが、心に憂いがあればわずか一里でも嫌になる。
― シェイクスピア ー

義務感だけでは長く続かない。

 

②必要とされることを見出す。

事業とは「顧客の創造」である。
― ドラッカー ―

もう、これ以上の定義はないでしょう。

必要とされるものは顧客を創造し、必要でないものは使われない。

試行錯誤が必要かもしれませんが、何とか探り当てたい。

 

③2つが折り合うプロダクト

世間が必要としているものと、
あなたの才能が交わっているところに
天職がある。
― アリストテレス ―

「やりたいこと」と「必要とされること」が折り合う「プロダクト」。

 

この3つを確実なものにすれば、きっとうまくいくと思います。

関連記事