toggle
2012-08-06

上場後の経営者の株式売却

 上場会社では内部者取引管理規程があり、その手続きに沿って経営者が保有株式を売却することは可能です。しかし、経営者はインサイダー情報を毎日知る立場ですので、上場すると株式を売却するタイミングを得るのが難しいものです。また、経営者が売却したことは開示の対象となります。会社の業績が伸びている時であればよいですが、そうでない時に売却すると、「経営者が自ら売却するような会社はもうダメだ」と思われますし、酷評の的となり得ます。

 一方、上場直前に、一般投資家が株式を購入する機会が「公募増資」と「売出」です。「売出」とは、既存の株主が株式を売りに出すことです。この売出のタイミングは経営者が株式を現金に換える数少ない機会になります。

 「経営者が自社の株式を売るとは何事か」と言う人がいるかもしれませんが、私は経営者が保有株式の一部をお金に変えることは当然の権利だと思います。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。