toggle
2012-07-04

資本政策の考えるポイント

資本政策
 「資本政策を提示してください」と言われても、どのように考えたらよいのか? また、どのようにつくったらよいのか? わからない方も多いと思います。
資本政策とは「株主構成と資金調達の設計図」です。
ここでは、上場を目指すという前提での資本政策について記載します。投資家に提示する資本政策の期間は上場時までです。

考えるポイントは、
・上場する時に、経営陣の株式シェアはどれくらいが望ましいか?
・どのような人や企業が株主を形成するのが望ましいのか?
・上場までに、必要資金の調達のためにどれくらいの株式を発行するか?
の3つの観点から考えてゆきます。

必要資金額は、上場までの損益計画と密接に関わってきます。よって、資本政策を作成する前に、長期の損益・資金計画を考える必要があります。

次回以降、具体的に考えてゆきます。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。