toggle
2012-06-12

投資検討期間と金額

 VCの投資対象は主として、事業が立ち上がってきたアーリーステージから、上場が視野に入っているレーターステージのベンチャー企業です。スタートアップアクセラレーターや、スタートアップ専門のVCがありますが、それを除けば、スタートアップの段階で投資することは少ないです。

 VCには、金融機関や事業会社の系列、独立系、大学系など多数のVCがあります。様々な業種・ステージの企業に投資する総合型、ITやバイオ、先端技術など、特定分野や業種を専門にする特化型、革新性を重視するVCもあれば、堅実さを重視しているVCもあります。人員規模も数名で運営しているVCから100名以上で運営しているVCもあります。
 VCの狙いは投資先の上場による投資資金の回収です。M&AでのEXITを狙う場合もありますが、投資時点で売却先を確定できないので、まずは上場を狙い、将来上場が難しそうならM&Aや事業シナジーのある事業会社への株式売却を考えます。

投資検討期間と投資金額

 投資検討に必要な期間は2~3ケ月です。投資金額は概ね30百万円~5億円と幅が広く、VCによって投資分野、企業ステージ、投資金額などの方針が異なります。また、大きな金額で投資するVCも初回の投資でいきなり5億円ということは珍しく、追加投資を含めて大きな投資金額になってゆくのが通常です。10億円規模を投資する場合もありますが、これは例外とみていいと思います。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。