toggle
2012-05-30

VCの投資期間

さて、VCは集めたお金を、「ファンド」=「基金」にしてプールし、そこからベンチャー企業に出資をする、ということになります。
ファンドの満期が7年~10年ですので、最初の3年で新規の投資を完了させ、残ったお金を追加投資に向けることが多いです。ファンドの満期から逆算して、投資後5年~7年の間に投資先が成長して上場すること狙っていますので、ファンド設立から4年以上経っているVCは、もし新規投資する場合でもミドル・レーターステージ企業への投資になることが多いです。

ファンドを設立して3~4年経ち、新規投資が完了すると、新たな新規投資資金を確保するために新しいファンドを組成するのが一般的でした。しかし景気と市況の低迷が長く続き、ファンドの業績が思わしくないと、新しいファンドを組成することが難しいものです。このような背景から、VCによっては、既存のファンドの投資先を支援して、回収努力に専念しているVCもあります。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。